Loading…

Happy Communications - 今井真理子の暮らしとコミュニケーション研究所

Happy Communications - facebookページ

よくある質問 - FAQ

講座やイベントなどに寄せられる質問をまとめてあります。
お問い合わせ前にこちらをご確認下さい。

  • 講師は信頼できる先生ですか?
    どのような経験や資格を持っているのですか?

  • 暮しとコミュニケーション研究所を主宰する今井真理子は、1993年から親業訓練インストラクター、2006年からリーダー訓練法であるL.E.T.認定トレーナーとなり、日本で提供されているゴードンモデルの講座全てを開講できる資格を持っています。
    さらに、インストラクター養成講座のトレーナーとして親業訓練協会では12年間、L.E.T.の日本におけるライセンシーのセカンド・ウィンド株式会社では7年間にわたり担当し、親業訓練協会が提供している講座については3000人以上、L.E.T.セミナーについては650人の受講者数があります。
    参加者の方にはリピーターの方が多く、次々と様々な講座を体験され、理解と応用力を深めていかれる方が多いです。

  • 受講の年齢制限はありますか?

  • ユースコミュニケーション講座は中高生のみが参加できます。
    その他の講座は年齢制限が特にありませんが、ご本人に参加意思があれば、親業や自己実現のための人間関係講座などは小学校高学年の方から参加可能です。上の年齢については制限はありません。人生が長くなった現代では、地域老人会などで、また看護介護される前に、この方法を学んでおくことが有効と思われます。

  • 初めての受講だが、講座について行けるのか心配です。

  • ご一緒したほぼ全員の方が「楽しかった!」と言われます。1日8時間の講座に参加された方も「1日、あっという間だった!」と言う方が多いです。ご質問やその都度感想をお聞きしながら進めていきますので、安心してご参加いただけます。

  • 1講座で何人が受講するのですか?

  • 講座によりますが、4人ほどの方から講座によっては25人、さらには入門講座などですと70人の方が参加されたこともありました。河田町セミナールームで行う講座は平均すると6~8人ぐらいのことが多いです。

  • 講座の申込み方法は?

  • 暮しとコミュニケーション研究所のWebサイトのお問い合わせフォームからお申し込みください。

  • 受講を申し込んでから、受講までの流れは?

  • お申し込みいただきますと、講座のご案内と会場地図を添付ファイルにてお送りします。
    原則、事前に参加費のお振込みをお願いしています。

  • 受講料はいくらですか?

  • 講座案内のページにご案内してありますのでご覧下さい。

  • 受講料の支払い方法は?

  • 原則的には銀行振り込みでお願いしています。

  • 受講料の支払いは分割が可能ですか?

  • 分割はしておりません。一括のお支払いにてお願いいたします。

  • 教材料はかかるのですか?

  • 親業訓練一般講座は親業の書籍(1,900円/税別)、教師学一般講座は書籍(2,600円/税別)を購入していただくことになります。他の講座は受講料の中に、教材費が含まれています。

  • 「会員」とは何ですか? どんな特典がありますか?

  • 「会員」とは親業訓練協会の制度で、各上級講座を受講される場合、再受講料金を適用する場合に親業訓練協会の会員である必要があります。1年間に4,000円(税別)の会費を親業訓練協会に納入していただくことで会員になれます。会員特典として、親業訓練協会発行の「ゴードン博士のヒューマン・リレーション・ニュース」(年4回発行)が1年間お手元に届くほか、協会主催イベントに会員価格で参加できたり、一部書籍が会員価格で購入できます。

  • 「会員」になるにはどうしたらいいですか?

  • 親業訓練協会にお申し込みください。または、講座に参加された時に今井までお申し出ください。

  • 講演を依頼したいのですが、どうすればいいですか?

  • 暮しとコミュニケーション研究所のWebサイトのお問い合わせフォームからお気軽にお尋ねください。日程さえ合えば、基本的にどこにでも伺います。講演料もご相談に応じます。

  • 講座にすぐに参加を決められないけれども、興味があるのですが。

  • そのような方にはゴードン博士のコミュニケーション講座がおすすめです。講座時間は6時間で、参加費もお手頃です。また、年に数回「紅茶とコミュニケーション」という茶話会を行い、ミニワークショップを行っています。ご希望があれば計画いたしますので、お気軽にお尋ねください。

トップに戻る